読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生日本向上委員会

学生による学生のための学生のブログ

人生を豊かにする! 読書のススメ

ライフスタイル 趣味

f:id:gakuseijapan:20160714184312j:plain

どうも、たくちゃんです。

夏目前ですね、今年はどうも空梅雨のようですが、あまり気持ちのいい天気は続いてないみたいです。

そんな日には、ゆっくり自宅で読書なんてどうでしょうか。

 

私は小説が好きです。

小学生の頃に、「スッゲー!めっちゃ分厚いしこれ読んでたらモテんじゃね!?」という理由でハリーポッターを全巻読破しました。

結果モテなかったわけですが、今日は活字の持つ魅力についてお話ししたいと思います。

 

皆さんは普段どんな本を読みますか?

小説・新書・自己啓発本・ビジネス書・学術書・雑誌

本といってもいろいろな種類があります。

でも私は、その人の人生を最も豊かにしてくれるのは小説だと思っています。

 

なぜ?

小説を読むということは、活字のみから情報を得て、自分で想像するということです。

想像する。これがどれほど楽しいことか。

本を読む度に、自分の世界が広がって感受性が豊かになっていくのがわかります。

 

また、語彙が増えるのも読書のいいところですね!

それまで言葉に出来なかった感情の名前を知ったときは、かなり大きな感動があります。

これだけでも読書する価値は十分にあります!

 

それでは、私のおすすめの本を何冊か紹介します。

博士の愛した数式

www.shinchosha.co.jp

 

言わずと知れた小川洋子先生の名著です。

映画化もされましたね。

80分しか記憶の持たない元数学博士と、その家政婦一家との、やさしいヒューマンドラマです。

この小説を読んだ当時の私は、幼かったせいもあり、ただ漠然と「いいお話だな」と思っていました。

しかし、大人になって読み返してみると、確かに、あの頃には気付かなかった何かを感じたのです。

あなたはこの本を読んで、何を思うのでしょうか。

 

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

www.kadokawa.co.jp

 

次に紹介するのは、滝本竜彦の『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』です。

10代の若者に絶対に読んでほしい一冊ですね。

なにが「正義」で何が「悪」か?そんな若い葛藤を題材にした作品です。

 

考えさせられる設定やシチュエーション、はたまた青春の甘酸っぱい描写もあり、青春を謳歌する青少年には刺さる一冊じゃないでしょうか。

タイトルからもうかがえる通り、少し設定がとびぬけてますが、あなたにとっての『チェーンソー男』とは何か、ぜひ考えてみて下さい!

 

...はい!

今回はこの二作品にしておきます。

本当はもっとたくさん紹介したいんですけど、それはまた後々のお楽しみってことで。

 

あなたの好きな本は何ですか?

それでは、よき読書ライフを! 

 

今日の一曲

グレゴリオ / 古川本舗